Loading

ブログ

結婚詐欺かも!?被害を受ける前に結婚詐欺の手口と対策

結婚詐欺という言葉をご存知の方も多いかと思いますが、近年この詐欺のご相談が後を絶ちません。

実際に悪質な結婚詐欺で逮捕された事例では「詐欺罪」での逮捕となっています。

第246条(詐欺)
人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。刑法

つまり一般的な結婚詐欺は「詐欺罪」に該当し、金銭的被害がある場合に成立するとお考え下さい。

※金銭的被害がなく結婚の約束を反故にされただけのケースは、詐欺罪とはならずに「婚約不履行(婚約破棄)」に該当します。

今回は、結婚詐欺においての調査、対策を紹介します。

結婚詐欺が行いやすいツール

結婚詐欺を仕掛けてくる、いわゆる詐欺師はどのようなツールで仕掛けてくるか?
一例をご紹介します。

相談が多いSNS結婚詐欺

インターネットを使った出会いサイト・出会いアプリで出会い、親密な関係に進展した男女間のトラブルが増加傾向にあります。
若い男女からの相談内容は「結婚を前提に交際しているつもりで金銭を貸してしまったが返済してくれない」というケースが最も多いです。
被害に遭う金額は様々なのですが「数万円~十万円単位の金額を幾度も借りる」という手口が横行しています。
結果的に借用書も無い状況で信用して貸したお金の総額が数百万円にまで及びます。

交際を続けしばらくすると、交際相手と思っていた異性が「お金目当ての結婚詐欺行為」を繰り返す人物ではないだろうか?と。
怪しく感じられ始め周囲の友人などに相談し、結果的に結婚詐欺師の身元を調査しても依頼人である被害者が知っていた情報は全くの嘘ばかりであったりします。

悪い異性に引っかかったと諦めて泣き寝入りする方もいるため、犯罪として表面化しにくい現状にあるのではないでしょうか。
少額の貸し借りを多くの回数で行うと結婚詐欺にあったという意識も薄く、「恋愛の勉強になった・・・」や「人生経験で悪い人間に今後騙されないための勉強代金」程度の認識で済ませてしまう方もいらっしゃるのです。

結婚詐欺の手口

相談者の話をまとめると、結婚詐欺師と主要歓楽街などで待ち合わせをしてデートを繰り返し肉体関係を持つという手口を多く相談に受けます。

結婚詐欺師の自宅に行く機会は無く、職業も嘘であり、信用できる情報が一つも無いということが一連の相談者達が持つ共通点となっています。

もし、SNSで知り合った高収入な職業の異性とデートし恋愛関係になっている状況下で「お金を貸して欲しい」という話が持ち上がっているならば要注意です。

このようにSNSが出会いの窓口になって「偽りの身上をかたる」悪意ある男女交際がエスカレートした形が上記の結婚詐欺と言えるのです。

実際に、結婚詐欺被害を受けてしまった時の対策

もう、すでに結婚詐欺の被害を受けている場合はまず下記のことを確認して下さい。

金銭的被害がどれだけあるかを明確にする

上述のように、一般的に結婚詐欺と呼ばれるものは将来的に結婚することをにおわせてお金など財物を騙し取ることです。

ご自身に金銭的被害がどれだけあるかをまずご確認下さい。

被害額を証明する証拠

被害がある場合はその金額を確定できる証拠をお持ちかどうかをご確認下さい。
具体的には振り込み明細や借用書、メール・チャットのやり取りの記録等です。

裁判等を考慮すると被害額をはっきりさせておく必要があります。

相手の身元

相手の身元(氏名・住所)がはっきりしているかどうかをご確認下さい。

結婚詐欺師は身元を偽ったり隠したりすることが多いですので、はっきりしていない場合は探偵事務所ご相談下さい。

ラブル探偵事務所では身元調査を行うことが可能です。

結婚詐欺において調査でわかること

結婚詐欺の調査では、第三者が相手をどう見ているのか?
何か隠し事はないのか?
など客観的・データ的に様々な角度から相手について調査致します。

例えば・・・

✔過去に付き合っていた異性に対して粗暴性があった
✔近隣からは自己中心的な言動が多く、周りから浮いていた
✔異性関係が派手
✔生活が派手で多額の借金があるようだ
✔本人は親離れしておらず、両親も子離れしていない
✔過去に警察沙汰になった事件を起こしている
✔暴力団関係者である 等

調査をすることで隠していることや見えていない本質を探ることができるのです。

最近では特に結婚相談所が主催する婚活パーティーなどにも簡単な審査で登録ができ、過去の実態が不明のまま交際へと発展するケースも増えてきています。

ラブル探偵事務所では結婚詐欺を含め、こういったご相談も増加しています。

実際には驚くべきことに既婚者が登録していたというケースもあった程です。

女性の結婚詐欺師も増加

一昔前には、結婚詐欺というと男性を指すイメージでしたが、近年では、女性による結婚詐欺犯罪も急増しています。

加害者の女性が、詐欺は騙されるほうが悪いなどと、とんでもない事を口にしている状況です。
人間として恐ろしいことです。(都内や都市部で結婚詐欺が急増)

今日では女性の経済力、社会での自立が確立されてきています。結婚に対する願望と理想もかなり高いレベルになっています。
それは素敵なことですが、安易に結婚相手を見つける為に、お見合いパーティーなどに参加することで出会わなければよかった相手に遭遇するパターンも多々あります。

結婚詐欺師は、最初から結婚詐欺を計画し、綿密に相手に近寄り騙す。
恋愛感情が湧いてくると相手に夢中になり、嘘だなんて思いもしないはずです。詐欺師はそこを狙い容赦なくつけ込みます。

結婚詐欺というのは、金品を奪うだけではなく、精神的に計り知れないダメージを与えます。人の心を土足で踏みにじる悪質な行為です。

まとめ

このような詐欺犯罪は年々増え、辛い思いに苦しむ方々が絶えません。

悩まれている方、詐欺被害にあわれた方は、ラブル探偵事務所にご相談ください。

結婚詐欺調査では、特殊専門窓口を設け、専門カウンセラーと調査員が連携を成して取り組んでおります
詐欺の数多い実例と経験を元にプロフェッショナルな調査を実践しております。

また当事務所の顧問弁護士による法律相談も承っております。
結婚詐欺であるという決定的事実の証明をする為に少しでも不安な状況であれば、まだ相手と連絡がとれるうちに早めの対策が必要です。

すっかり連絡が取れなくなり、金品を奪われたあとでは精神的にも救われません。

当事務所ではカウンセリングは勿論無料です。

ー 調査カテゴリ ー

無料相談
(匿名OK・秘密厳守)





24時間受付/年中無休




一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. もしかすると、結婚詐欺かも?見分け方、手口・特徴
PAGE TOP