Loading
雇用調査

雇用調査

雇用調査に関するご相談

まずは過去に当事務所へ寄せられた雇用調査に関するご相談を紹介いたします。

  • 経理担当者としての採用を考えているため、応募者の金銭トラブルの有無を把握しておきたい
  • 履歴書に記載されている内容が偽りないか確認したい
  • 賭博関係でできた借金や破産歴がないか、人間性を確認しておきたい
  • 犯罪歴の有無を事前に知っておきたい
  • 面接では問題がないように思えるが、裏付けが欲しいので素行調査を依頼したい
  • 以前勤めていた会社で問題を起こして退職した人との噂を聞いたが事実はどうだろうか?
  • 同業他社のスパイではないか、念のため確認したい
  • 採用予定者の前職について調べて欲しい
  • 以前の採用者で学歴・経歴詐称が発覚したため、今後はそのようなことがないよう事前に確認しておきたい

中途社員を採用する際には筆記試験や面接など表向きの採用試験を行うことが一般的です。

しかし、それだけで経歴や人柄等の全てを判断することはできません。

だからといって、面接で全てを直接質問することは容易ではないです。

現在の面接では個人のプライバシーに立ち入ったことは聞いてはいけないとされていますし、採用の判断基準にすることも禁じられています。

しかし、それはあくまで建前のことであり、会社側からすれば、リスクを最小限に抑えるために、様々な情報を知っておきたいと考えるのは当然のことです。

「話した印象がよかったから」「人を疑うのはよくない」「●●さんからの紹介だし安心できるだろう」などと、むりやり自分を納得させてはいけません。

安易に採用したことで、その後他の社員とのトラブル、情報漏えい、横領などの問題が発覚し、会社の経営に大きなダメージを与えた例も多く存在します。

だからこそ、事前に、そして内密に、雇用調査をプロの我々探偵に依頼し、安心できる人物であるとの確証を得た上で、採用に踏み切ることをおすすめします。

 雇用調査で判明する事実





当探偵事務所が行った、雇用調査から解明した事例をご紹介します。
雇用調査から採用予定の対象者の過去や経歴、人間性など様々なことが判明しました。

      
  • 履歴書に空白期間が多かったものの、母親の介護によるものであることが判明し、また性格・人柄に問題がないことがわかったので採用を決めた
  •   
  • 本人は自主退職と言っていたが、数年前に横領で退職していることがわかった
  • 大学院卒業後留学していたと言っていたが、実は留年しており、また在学中の成績も芳しくないことが判明した
  • 能力は高いが、コミュニケーション能力に欠けており何度も周囲と問題を起こしている人物のため、採用を見送った
  •  
  • 応募者の性格には問題がないが、家族にトラブルメーカーがいることがわかった
  •   
  • 前職での退職に疑問を抱いていたが勤めていた会社が廃業となり、退職せざるを得ない状況であったことが判明し、問題なしと判断した
  •   
  • 履歴書に書かれていた学歴に不審に思う部分があり、最終的に同業他社のスパイであることがわかり、情報漏洩を未然に防ぐことができた

我々プロの探偵に調査を依頼することで身元の確認・調査対象人物の素行が可能です。

本人が申告していた内容と事実に相違はないか、家族周囲の素行・行動に問題はないかなど、依頼内容・希望内容に応じた調査を行います。

問題を起こす可能性が高い人物の採用を見送るため、そして社内の危機管理のために、プロによる雇用調査をお役立てください。

会社にとって貴重な戦力になるか、損害を与えるトラブルメーカーとなるかを事前に判断できるのは、雇用調査だけです。

 雇用調査の概要

本題に入り、ご相談者様にとって気になる調査方法や期間、料金などの具体的内容についてご説明させていただきます。

 雇用調査とは

中途採用予定者の雇用調査(行動調査・素行調査)とは、 入社後にトラブルを起こす可能性がないか、事前に自己申告内容と事実に相違がないか、そのほか本人の人柄や職歴等を調査し、会社に不利益や損害をもたらす人物の可能性を内密に探るための調査です。

実際、一人の人間を採用・不採用にする判断は、とても難しいものです。

幾度の面接を行ってきた人物だとしても、面接だけで全てを判断できるものではありません。

また、履歴書に虚偽内容を記載する人物も大いに存在します。

しかし、雇用調査により、真実を見破ることができれば、信用できない人物として採用を見送ることも可能です。

もし虚偽内容を真実と信じ込み「優秀な人材が採用できた」と思い込んでしまったらどうでしょうか?

様々な問題が多発し、結果的に会社に大損害を与えてしまう可能性もあるのです。

そのためにも、まずは一度ご相談ください。

 雇用調査の手法・方法

次に、雇用調査を行う場合の手法・方法をご説明します。

 聞き込み調査

顧客、近隣住民、前勤務先、友人・知人関係など様々な人物から情報を得る調査方法です。

探偵の身分を明かさず、まったく別の調査と見せかけて行うため、調査対象者には自分が調査されていることはわかりません。

 尾行調査・張り込み

調査対象者を張り込み・尾行し、行動を確認する調査方法です。

異性関係や金銭感覚など、気になる点がある場合は、ご相談ください。

特に入念に調査することも可能です。

対象者が車で移動する場合は、我々探偵も車で、また公共交通機関を使う場合は同じ便に乗車するなどして、徹底的に尾行を行います。

 情報調査

履歴書に記載されている情報や学歴・経歴・資格が真実かどうか、法律に基づき調査する方法です。

ラブル探偵事務所では、違法行為による調査は行いませんので、ご安心ください。

 雇用調査における素人とプロの違い

素人とプロの違いは「いかに対象者に気付かれずに調査を進めることができるか」という点にあります。

素人が調査をしようとした場合、対象者はすぐに気付きます。

周りの知人・友人から「◯◯さんについて質問されたけど」と情報が漏れることもありますし、対象者本人が「なんだかおかしいな」と気付くパターンも少なくありません。

自分が調べられていると気付き、良い感情を抱く人はいないでしょう。

特に問題となるのが、調査対象者に何の落ち度もない場合です。

仕事の腕前・人柄等何の問題もない人ほど、隠れて調査されていたと知れば「そんな会社はこっちからお断りだ!」と思うものです。

雇用調査は、素人が簡単にできることではないと考えておいた方が良いでしょう。

 雇用調査を素人が行い失敗した例

  • 対象者に気付かれてしまい、向こうから応募を取り消された(後に大変優秀な人物であることが判明した)
  • 面接人事担当者に雇用調査を指示したが、一向に調査が進まない
  • 調査に失敗し、調査対象者から罵詈雑言を浴びせられた
  • 雇用調査を行なっていることに気付かれ、SNS等に公表されてしまった

一般素人の場合、調査を行う方法にミスがあることが多いです。

また、見よう見まねで聞き込みや張り込みをしたとしても、どこかぎこちなく調査対象者に気付かれてしまうことがほとんどです。

「素人でも雇用調査ができるのでは?」などと思わず、信頼できる我々プロの探偵に任せることが、確実に証拠を掴むための近道と言えます。

 雇用調査の調査期間

調査に必要な期間は、情報量の多さや条件、難易度によっても変わってきます が、数日〜1ヵ月くらいが目安になります。

 調査が短期間で終わる場合
        
  • 対象者に関する情報が多い
  •     
  • 対象者が警戒していない
  •     
  • 履歴書の記載内容の事実確認など、知りたい内容が簡易的である
 調査が長くなる場合
        
  • 対象者の警戒心が強い
  •     
  • 調査対象者に関する情報が乏しい

また、あらかじめ調査期間を設定しておき、進行具合に合わせた調査内容のご相談も可能です。

ラブル探偵事務所では、お見積もりをお渡しする際に、予想される期間についてもお伝えさせていただきますのでご安心ください。

 雇用の料金

雇用調査の料金は、ご相談内容と事前情報に応じた料金設定となります。

  • 対象者のプロフィール
  • ご予算
  • 対象者の性格や警戒心の有無
  • 現在、対象者に関して把握できている情報
  • 調査に関するご希望(内容・期間)

 

をお伺いし、内容に応じたお見積もりをお渡しします。

ラブル探偵事務所では、お見積書に明記されている料金以外は一切かかりません。成功報酬などの調査後の追加料金は一切いただいておりませんのでご安心ください。

※ラブル探偵事務所では違法性がある調査に関しましては、一切お断りしておりますのでご了承下さい。

 雇用調査の費用相場

探偵や興信所の雇用調査(2名体制) の料金の一般的なだいたいの相場は以下になります。

  • 1時間:1~万円
  • 1日:6万円

です。

こちらの金額が業界の相場ですが、求める調査内容・事前の情報量等に応じて増減すると考えてください。

ー 調査カテゴリ ー

無料相談
(匿名OK・秘密厳守)





24時間受付/年中無休




一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
PAGE TOP