Loading
浮気調査・不倫調査

浮気調査・不倫調査

 浮気調査・不倫調査に関するご相談


まずは過去に当事務所へ寄せられた浮気調査・不倫調査に関するご相談の紹介いたします。

夫・妻に関するご相談

  • 妻が昼間に連絡があまり取れなくなった。浮気をしているかもしれないので確かめたい
  • 旦那が飲み会後に朝方に帰ってくるようになったので調べてほしい
  • 夫が不倫をしている。慰謝料を請求するために証拠が欲しい
  • 嫁が出会い系サイトで男を漁っているかもしれないので確認してほしい

 

生活を伴にしてきたからこそ、パートナーの些細な変化には気付きやすいものです。 浮気や不倫を疑ったまま日々を過ごすよりも確認のために調査をすることをお勧めいたします。ラブル探偵事務所では、浮気の可能性を疑っている方から、離婚に向けて確実な証拠を掴みたいという方まで様々な方からのご相談をお受けしています。

夫婦の親族の方からのご相談

  • 知り合いから、娘が見知らぬ男性と食事をしていたと聞いた。浮気か不倫をしているのか知りたい
  • 娘婿が娘や孫を置いて遊びに出かけるらしいので何処で何をしているのか調べたい
  • 息子から嫁が昼間に不倫をしているかもしれないと相談された。力になってあげたい

ご両親や親族からの浮気・不倫調査依頼は近年増加傾向にあります。
息子・娘夫婦の問題にどこまで首を突っ込んでいいのかと悩みながらも、心配なので事実を把握したいという声が多く寄せられています。
ラブル探偵事務所では、息子・娘に警戒心を与えず、絶対に気付かれないように調査して欲しいという親心にしっかりと応えた上で、調査をいたします。

浮気調査・行動調査の情報から得られる事実

パートナーが浮気や不倫をしていると怪しむタイミングや出来事はバラバラですが、主に携帯電話を家の中でも常に持ち歩くようになった、残業や休日出勤が増えた、相手と連絡が取れない時間が増えたなどといった原因が多いようです。

ですが、相手に浮気や不倫の確証や証拠もないままに問い詰めても白状せず、パートナーと関係が悪化してしまう危険性もあります。

浮気調査・不倫調査で判明した事例

  • 旦那が学生時代の恋人と、同窓会で再開し、不倫をしていた
  • 旦那が残業と偽って、女性の部下の家に出入りしていた
  • 妻がパート先の男性とラブホテルに行っていたが、証拠の映像を撮れたおかげで慰謝料なしで離婚できた
  • 夫が休日に行先も告げずに出かけていたが、仲間内で麻雀をやっているだけだった
  • 妻がスポーツジムで既婚男性と密会を重ねていた

探偵や興信所の技術によって、浮気・不倫の事実が判明し、証拠を収集する方はは多数いらっしゃいます。
その後、パートナーや不倫相手にしっかり償ってもらうように接触を禁止させて信頼関係をもう一度築いていこうとする方や、離婚して新しいパートナーと人生をやり直そうとする方など、それぞれですが、まずは事実をしっかりと知ることが大切です。

パートナーの浮気や不倫の疑いから調査を依頼したものの、浮気や不倫の事実がなく疑いが晴れて安心したという方も少なくありません。

浮気・不倫に関する調査可能な項目

ラブル探偵事務所では、違法調査は行っておらず、探偵業法に基づいた調査を行っております。
そのため、対象者宅や不倫相手方への住居の不法侵入、盗聴器を仕掛ける等の違法行為による音声録音や動画撮影はお断りさせていただいております

違法調査や違法行為によって得た写真や動画、音声は、裁判では証拠として認められないだけでなく、浮気・不倫相手から訴えられる可能性もあります。

当社では、コンプライアンスを遵守した上で次の項目が調査可能となります。

浮気・不倫行為の証拠

裁判で不倫の証拠を提出するとなると、不貞行為をしていた証明が必要になります。 不貞行為とは、配偶者以外の性行為を示します。
実際に住居内やホテルなどの密室では、性行為中の音声や動画を撮影することは不可能ですが、ラブホテルへの出入り映像や写真、相手の家やホテルの同じ部屋に数時間滞在した証拠があれば、不貞行為が推測されるため、裁判では証拠として扱われます。

対象者の素行・行動

裁判では、対象者と浮気・不倫相手が部屋やホテルに入る瞬間の証拠写真を撮影したとしても、入るまでの様子が不透明な状態では、証拠としては弱くなってしまいます。

当社では、調査対象時間内の対象者の動き、面会した人物や訪問場所、物品の購入履歴など全て記録しますのでご安心ください。

浮気・不倫相手の情報

浮気・不倫相手の顔や全身の写真、住居の外観写真、所有している車といった当日に判明したお相手の方の情報もお伝えいたします。

しかし、住所や勤務先、家族構成や実家住所等の情報を調べたいとなると、別日に素行・行動調査を実施することとなりますので、別途に費用が掛かってしまう場合がありますので、ご注意ください。

浮気調査・不倫調査の概要

本題に入り、ご相談者様にとって気になる調査方法や期間、料金などの具体的内容についてご説明させていただきます。

 浮気調査・不倫調査とは

浮気調査・不倫調査とは、主に恋人や配偶者が浮気・不倫をしているかどうかの確認と証拠を集めるための調査になります。

恋人や配偶者の浮気・不倫に悩んでいる方に真実を知ってもらい、これからの人生をどう過ごしていくか決断するためにも是非お勧めしたい調査となります。

  • 状況や証拠を見て、やり直すか離婚するかを判断したい
  • 離婚は考えていないので、浮気や不倫の証拠を押さえて、配偶者の浮気・不倫をやめさせたい
  • 離婚を考えているので、不貞行為の証拠を集めて離婚調停に臨みたい

などといった声が上がるように、不貞行為の証拠を集めることで、離婚するかどうかに関わらず、悩んでいる方にとってメリットがあります。

浮気調査・不倫調査の方法

浮気調査・不倫調査では、主に「GPS調査」「張り込み」「尾行」 を行います。他の調査と大きく異なる点は、GPSを利用する点です。

対象者に調査を悟られないように、細心の注意を払い証拠収集を行います。

GPS調査

浮気調査・不倫調査では、対象者が使用する車両が事前に分かる場合、張り込みや尾行の前に車やバイクにGPSを取り付け、行動パターンを探ることが一般的です。

普段から対象者は車両移動をするが、浮気相手との密会の日時や場所などの見当がまったく付かない場合に、このGPS調査は非常に成果を上げます。
対象車両が移動を開始してから現場に急行することも出来ますし、何よりGPSを使う一番大きなメリットは、「対象者を尾行する必要がないので、警戒心を与えずに済む」点です。

事前の情報がまったくない場合、対象者はいつ浮気相手と会っているのかという行動パターンを把握してから、日時を絞り、調査を行ったりもします。

張り込み

張り込みとは「一定の場所に待機して、調査対象人物の動向や素行を追うこと、不貞行為の証拠を押さえること」です。
 GPS調査によって浮気相手のアパートやよく利用するホテルなどが判明した場合、現場に待機した上で張り込みを行います。

張り込み時に「何時間も、なんでこんなところにいるの?」と近隣住民の人に不信感を与え、質問された際には、話して納得してもらえるように瞬時にストーリーを考えます。
一例として、大きな道路に面している家に住んでいる人を張り込む際などは、『近くの道路の交通量調査のためにここ(交差点)にいる』というものが挙げられます。
このようにして『どうしたら適切に環境に溶け込むことができるのか』なども状況ををみて判断しながら調査します。

尾行

自宅や勤務先から尾行することが基本となり、マンションやホテルの出入りを写真や動画で撮影し証拠を押えます。

その後、浮気相手と別れれば調査対象者を浮気相手に変更し追跡を続けます。

これは浮気相手を特定する為です。浮気の事実が判明しても浮気相手を特定する事で今後の話し合いや裁判でもいろいろと活用できるからです。

相手のマンションに入った場合、2~3時間で対象者のみが出てきたとしても不貞の証拠としては弱いです。
この様な状況を1回だけ押さえても、裁判では不貞の行為としての証拠能力が低くなる事が多いです。

まず相手の居宅に2人っきりで過ごしていたという証拠がないからです。浮気の証拠としては何回の出入りを押さえる必要が出てきます。

簡単なようで難しく、難しいようで簡単な事もあるのが実際の探偵の尾行です。

浮気・不倫調査を自ら行うのは危険

浮気・不倫の疑いがある人物を自身の力によって尾行する行為はリスクが高く、「ストーカー規制違反法」「迷惑防止条例違反」などの法律に触れる危険性を秘めています。

そして、ご自身で尾行をしたとしても、失敗ばかりで「浮気の証拠」や「不倫の証拠」をスムーズに取得するには程遠い状況となるでしょう。

そもそも探偵が実施する素行調査が簡単に出来る行為ならば、多くの探偵はとっくに廃業しているはずです。

一般の方の失敗事例

  • 尾行中に対象者を見失ってしまう
  • 尾行がバレてしまい、実際は浮気の事実がなかったため夫婦関係に亀裂が入った
  • 尾行に成功したが、後ろ姿しか撮影できず証拠として弱い
  • 尾行中、知らず知らずのうちに違法な調査を行っていた


そして、浮気調査・不倫調査においては素人とプロには大きな違いがあります。

  • 経験豊富なプロが複数人でチームを組み調査を行うため、徒歩にも車両(車・バイク・自転車)にも対応可能
  • 証拠の映像や音声を残すためハイテクな機材や撮影技術がある
  • 対象者との適切な距離を掴み、スキルやノウハウを生かし尾行を成功させる
  • コンプライアンスを遵守し、裁判でも使える証拠を収集する

 

上記のスキルやノウハウ、そして数多くの現場を経験してきたことで、確実な証拠を獲得できるのです。

ご依頼者様の中には、浮気・不倫の証拠を目にして、わかっていたつもりでも動揺される方が少なくありません。離婚に向けて進めたい場合は弁護士の紹介、夫婦関係をもう一度やり直したい場合はカウンセラーの紹介など、依頼者の方の希望に合わせたアフターフォローが可能な点も、プロに依頼する大きなメリットと言えるでしょう。

また、もうひとつのメリットは対象者に気付かれずに証拠を集めることができるという点です。

「浮気・不倫を辞めて欲しい」「もう一度夫婦関係をやり直したい」との思いで証拠を集めている場合、他の調査以上に絶対に対象者に気付かれるようなことがあってはいけません。
調査を依頼していることがバレた時点で信頼関係は崩れてしまいます

言い逃れできない証拠をしっかりと確保した上で、話し合いに進むことが大切です。

浮気調査・不倫調査の調査期間

調査に必要な期間は、情報量の多さや条件、難易度によっても変わってきます。また、探偵事務所に浮気・不倫調査を依頼した場合、即日調査を開始するわけではありません。

一般的には予備調査と呼ばれる事前の情報収集を行った後、尾行や張り込みといった具体的な証拠収集を開始します。そのため、実際に調査を開始してから数日~1ヵ月をひとつの目安とします。

調査期間は正確な情報がどれだけあるかによって変動があります。

調査が短期のケース
        
  • 対象者の警戒心が薄い
  •     
  • 浮気相手と密会するタイミングや場所を予想できる
  •     
  • 浮気相手の名前・住所等の情報を持っている
  • 対象者の生活リズムや行動範囲・パターンがわかる
  • 裁判に必要なほどの証拠が欲しい訳ではない

というケースは、調査の日数が少なく成果を上げることができます。

調査が長期のケース
        
  • 対象者の警戒心が強い
  •     
  • 浮気相手との密会頻度が少ない
  •     
  • 複数回の証拠収集・難易度の高い証拠収集
  • 浮気相手の見当がつかない
  • 配偶者がいつ浮気をしているのか時間や曜日がわからない
  • 単身赴任をしているため、生活リズムや行動範囲がわからない

などといった場合は、長期になる傾向があります。

浮気・不倫調査における依頼内容は個人差が大きく、一概に何日で終了しますとお伝えすることができません。

しかし、ラブル探偵事務所では、ご相談後お見積もりをお渡しする段階で、具体的期間についてもお伝えさせていただきます。また「途中経過を知りたい」といったご要望にも対応しておりますので、ご安心ください。

浮気調査・不倫調査の料金

浮気・不倫調査の調査料金は、内容や条件によって異なります。

また見積もり金額は「正確な情報の量」がどれだけあるかによって変わります。浮気相手に関する情報だけでなく、対象者に関する情報をできるだけ詳細にお伝えくださいますと費用を抑えることができます。

  • 顔や全身の写真
  • 対象者の行動範囲や移動手段
  • 1週間の出勤スケジュールや休日の行動
  • 浮気をしている可能性が高いと思われる場所や時間帯

 

それとは別に、

  • 対象者に関するプロフィール
  • 対象者の性格や警戒心の有無
  • ご予算
  • 調査の期間や内容

 

などの情報も事前に整理しておき、可能な限りの情報を教えてくださいますと、調査方法や期間を具体的にご提案できます。

●浮気調査(単発・ピンポイント)

浮気調査 基本料金

調査員2名
¥45,000(税込¥49,500)/3時間
延長料金
¥7,000(税込¥8,250)/30分

※料金には機材費、報告書作成費、車輌費が含まれております。
※ガソリン・高速費・電車運賃等の実費は別途かかります。

●浮気調査(プラン料金:数日向け

カウンセリング無制限無料

プラン名内容料金1時間(調査員2名)
単位料金
Aプラン合計15時間調査
例:5時間調査を3日間
¥210,000
(税込¥231,000)
¥14,000/時間
(税込¥15,400)
Bプラン合計25時間調査
例:8時間調査を3日間
¥330,000
(税込¥36,3000)
¥13,200/時間
(税込¥14,520)
Cプラン合計35時間調査
例:7時間調査を5日間
¥455,000
(税込¥500,500)
¥13,000/時間
(税込¥14,300)
Dプラン合計50時間調査
例:7時間調査を7日間
¥620,000
(税込¥682,000)
¥12,400/時間
(税込¥13,640)
Eプラン合計70時間調査
例:7時間調査を10日間
¥800,000
(税込¥880,000)
¥11,500/時間
(税込¥12,650)
Fプラン合計90時間調査
例:5時間調査を20日間
¥990,000
(税込¥1,089,000)
¥11,000/時間
(税込¥12,100)

料金には機材費、報告書作成費、車輌費が含まれております。
ガソリン・高速費・電車運賃等の実費は別途かかります。
1稼動は5時間からとさせて頂きます。

ラブル探偵事務所では、お見積書に明記されている料金以外は一切かかりません。成功報酬などの調査後の追加料金は一切いただいておりませんのでご安心ください。

※ラブル探偵事務所では違法性がある調査に関しましては、一切お断りしておりますのでご了承下さい。

 浮気調査・不倫調査の費用相場

探偵の浮気調査・不倫調査 (2名体制) の料金の一般的なだいたいの相場は以下になります。 

  • 1時間:1~2万円
  • 1日:8~9万円

探偵事務所や興信所の料金制にはいくつかの種類がありますが、もし複数の探偵社の料金比較をする際には、この「1時間単位の料金」と「調査員の人数」を比較するとわかりやすいかと思います。

見積もりで提示された金額が、相場に比べてあまりに高すぎる場合は、不要な人件費や機材代が上乗せされている可能性があります。また、安すぎる場合も「後日、多額の経費請求が行われた」「成功報酬として追加料金を請求された」といったトラブルの他、探偵自体のレベルが低く、目的が達成できなかったといった事例があるため、注意が必要です。

 浮気調査・不倫調査の相談時のポイント

当社にご相談される前に下記の事をまとめておいていただけるとご相談やアドバイスもスムーズに行えます。

把握済みの情報をまとめる

対象者のプロフィールや写真、現在把握している限りの情報をお聞かせください。正確な情報が多ければ多いほど、当社はその情報を元に緻密な計画を立て、調査に入ることが可能です。

さらにご相談に至るまでに、何かきっかけとなる事や、対象者が怪しい不審な行動をしている日時に規則性があるなどといったこともお願いいたします。

できるかぎり事前に情報をまとめ、当社に伝えることで調査成功率が大幅に上がります。

 必要な対象者に関するデータ
  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 勤務先・学校名
  • 顔と全体の写真
  • 身長
  • 体重
  • 服装
  • 髪型
  • 車両情報(車種・色・ナンバー)
  • 通勤通学方法
  • LINEやメールの証拠
  • 家族構成    
  • 対象者が不審な動きが目立つようになったと思われる経緯
  • 浮気相手に関する情報
  • 不審に感じ始めたのはいつ頃か

 

などといった情報を事前にご用意して頂くと、打ち合わせや調査もスムーズに行えます 。

調査の目的を明確化する

調査で得た情報や証拠を掴んだ後に、「配偶者に浮気をやめて欲しい」「もう一度夫婦としてやり直したい」という場合と、「慰謝料を請求し、離婚したい」「少しでも有利な条件で離婚するため、裁判で証拠として提出したい」という場合では、求める証拠の質や内容が変わります。

法的証拠として使いたい場合は、情報収集にも時間がかかるため、費用が高くなる傾向があります。

調査の期間を定める

調査費用は、調査日の回数によって比例します。そのため、ある程度狙いを定めることが重要です。

浮気相手との密会日がある程度わかっている場合は問題ありません。しかし、全く予測がつかない場合は、クリスマスやバレンタインといったイベントの当日や前後、週末、長期休暇など密会が増える時期に狙いを絞る方法もあります。

対象者の警戒心や調査の難易度にもよりますが、調査期間を無制限に設定することはおすすめしません。調査が長期間になればなるほど、費用がかかるだけでなく、対象者に気付かれるリスクも高くなります。

ー 調査カテゴリ ー

無料相談
(匿名OK・秘密厳守)





24時間受付/年中無休




一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
PAGE TOP