Loading

ブログ

探偵が主に使用する機材・アイテム紹介

現在では、多くの種類の調査機材が広く流通しているため、調査機器に事欠くようなことはなくなりました。
通常なら絶対に調査することが不可能に思える状況でも、一台の調査機材で解決することもあります。

ですが、そんな素晴らしい機能がある機材でも使い方、使うタイミングが調査の証拠収集の質を左右します。

今回は、我々探偵、プロが使う機材と性能、使い道を少しお話します。

カメラ

市販でよく見られるハンディカメラ、携帯端末付属のカメラでは質の高い証拠を絵にするのは困難です。

ラブル探偵事務所では、

  • 超望遠カメラ超暗視カメラ
  • 超強力な目に見えない赤外線投光器&赤外線カメラ
  • 超遠隔撮影システム

などを駆使して、決定的な証拠を手にするために全力で当たっています。

最近の調査機材は、数年前に比べると飛躍的にその性能がアップしています。
レンズの小さなピンホールカメラでもフルハイビジョンの撮影を可能とする機材も開発されました。
その反面、カメラをはじめとする調査機器は多種多様で、機材選びを間違えると、調査結果にも大きく影響してきます。

例えば、中国製の安物のカメラ。中国製のカメラは安価でたくさん出回っていますが、中にはその基盤の造りが雑であったり、数回使用するとすぐに壊れてしまったりするものもあります。
ラブル探偵事務所では、調査機材は日本製または日本のメーカーの純正品にこだわります。
日本製の機材がない場合は、外国製のものを購入する事もありますが、その機材の評判をインターネットで調べつくし、性能がよく、調査で使用可能と判断したものだけを選定し、使用します。

証拠収集のチャンスはほんの一瞬しかありません。

例えば浮気調査で、何時間も張り込みをしてようやく動いた対象者が異性とラブホテルに入る瞬間、出てくる瞬間はほんの数秒です。
その一瞬しかないチャンスを、安価で質の悪いカメラを使用するとどうなるでしょうか…。

千葉にもたくさんの探偵事務所・興信所がありますが、機材に乏しい探偵社もたくさん存在しますので、注意が必要ですね。
探偵社に相談する際、この辺りも質問してみましょう。

  • 光学ズームとデジタルズーム
  • 最低被写体照度
  • ルクス
  • F値
  • マニュアルフォーカス
  • ハレーション

これらはカメラなど撮影機器を扱うに当たって基本となる用語です。
これらの用語が理解できない探偵社へのご依頼は不安ですよね…。

一度、実際に撮影した写真を見せてもらうことをおすすめします。

プライバシー保護のためなどと言い訳をして、見せてくれない探偵事務所は問題有りと判断して構いません。
撮影技術を確認してもらうための資料に写っているのは、人が映っていない駅の看板でも良いのです。
撮影技術を提示できない探偵事務所は、撮影能力に自信がないと考えて良いでしょう。

三脚

調査での主役がカメラ類なら、それを支える三脚は「縁の下の力持ち」的な存在です。
一眼レフカメラやビデオカメラ等を固定しておく機材といってしまえばそれまでですが、主に車の中で使用する物、 建物の影で使用する物、ひっそりと地面に置いて使用する物と厳密にはいろいろな用途別に分かれています。

たとえば車の中や建物の影で固定して使用する場合は、重くてがっしりした作りの方が安定して良好な映像が得られます。
逆に、徒歩尾行がメインになる調査の場合は、そんなに重くて目立つ三脚を持っていく訳にはいきませんので、 手のひらに収まる小型の三脚をチョイスします。カタログスペックや値段だけを見て買うと、 三脚によっては重量のあるカメラをうまく固定できなかったり、カメラの微妙な角度調整にイライラさせたりたりするので、 少しばかり高くても、ある程度使い勝手の良い物を吟味して選びます。 固定したカメラをリモコン操作できる機能が付いた三脚等もあったり、なかなか意外と奥が深い機材です。

盗聴器発見調査に使う特殊機材

盗聴器も精密で機能性が高いものでなければ、盗聴を発見ができない・電波を拾えない等不安要素がございます。

では、どんな機材を探偵は使用しているか紹介します。

広帯域受信機

盗聴発見調査に使う機材で、ワイドバンドレシーバーとも呼ばれます。
よく盗聴発見のドキュメンタリー番組等でアンテナが付いたトランシーバーのような(ハンディ型) 機材を見かけると思いますが、それも広帯域受信機の1つです。
探偵社によってはこういったハンディ型の受信機だけで調査を済ませてしまうところもありますが、 それだけではあまりに見逃してしまう盗聴器が多いため、当社では必ず据え置きタイプの広帯域受信機と、 後述するスペクトラムアナライザーも併用して漏れのない調査を実践しています。

スペクトラムアナライザー

盗聴発見調査における切り札ともいえる機材です。
この機材の詳細を説明するのは大変ですが、要するに「目に見えない波形を視覚化」するためのツールと言えます。
随分と昔であれば広帯域受信機だけでも調査は可能だったのですが、現在はデジタル式の盗聴器・盗撮カメラ等、 より複雑な機器が一般にも出回っており、これらは従来の受信機だけでは検知が不可能になっています。
スペクトラムアナライザーを使えば、広帯域受信機だけで調査するよりも検知できる幅が圧倒的に広がりますが、 高額な導入コストと扱いの難しさが業者にとってネックになっています。
すべての業者がこういった機材を揃えられるのは、まだまだ当分先のことになるかもしれません。

盗聴器とICレコーダー

人の記憶は曖昧です。
つい今しがた話したことを正確に覚えてなかったり、勘違いで覚えていたり… ラブル探偵事務所の調査員は、全員が肌身離さずICレコーダーを持っています。
聞き込みの時や、調査中の事柄を正確に記録でき、依頼者様への正確な報告ができます。また、運転中でも簡単に記録ができるため、対象者の移動経路を正確に記録できます。
記録が簡単なので、調査中のわずらわしさも半減し、クオリティーの高い調査活動に貢献している小さいながらも頼もしいアイテムです。

現在の日本では、盗聴行為自体は違法ではありません。
また、無断で他人の敷地に侵入し設置することは違法ですが、例えば夫が妻の浮気を疑い、探偵を招き入れて盗聴器を設置してもらうこと自体は何の問題もありません。

さらに現在、ICレコーダーの性能は格段に上がっています。
街中でも対象者の声だけを拾い出すことも可能です。証拠として利用するだけでなく、会話から次の行動パターンを予測する、交友関係や仕事に関する情報を得るなど、様々な用途に利用しています。

まとめ

探偵にとって機材が信頼できるものである重要性はお話ししましたが、探偵個々が個人的に持っている「短所をリカバーしてくれているのも機材」であると言えます。
昨今はモバイル機器やPCを長時間使用する機会が増加傾向にあるため視力に不安をお持ちの人物は世間的にも多く存在することでしょう。
探偵にもその傾向はあり、視力に自信の無い探偵は「機材の力を借りて」業務を遂行しているのです。
探偵の調査は時間を選びませんから、どの時間帯であっても「調査対象や対象車両を正確に認識」ることが必要となります。
当然、視力に不安のある探偵は眼鏡やコンタクトを装着して調査にのぞみますが、「探偵として求められるクオリティー」には達していないと感じるものなのです。
ジャングルで生活する民族の五感が探偵に必要とまでは言いませんが「その要素に近い能力を求められるシュチュエーションは否定できない」と言えるのです。

このようなことから判断して依頼者にクオリティーの高い報告を念頭において調査活動を実施している探偵は「複数の撮影機材を持参して調査」することが当然の流れとなります。
対して軽装で現場の調査を済ませようと怠慢な判断から現場の調査を実施する探偵では大きな差が生じるのです。

ー 調査カテゴリ ー

無料相談
(匿名OK・秘密厳守)





24時間受付/年中無休




一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 連帯保証人になったら主債務者に逃げられた!解決方法まとめ
  2. 探偵の子供のいじめ調査はどのように有効なのか?
  3. もう決めた!!離婚する!!でも…今更聞けない離婚の方法
  4. 探偵の選び方
  5. 退職者が会社の悪口・誹謗中傷をSNSやネット上に書き込んだ時の対…
  6. 怖い助けて!!ストーカー被害を受けているのに警察はすぐに動かない…
  7. もしかすると、結婚詐欺かも?見分け方、手口・特徴
  8. 探偵と興信所の違いは?依頼するならどっちがいいの?
PAGE TOP