Loading

ブログ

自分で素行調査する方法と危険性

探偵に依頼しなくても素行調査は自分でできるのか?

探偵事務所に依頼すると調査費用が高いので自分で素行調査をしてみようとされる方がいます。
しかし、自分で調査をしようとすると顔がバレていたり車が分かっていたり等々、調査がやりにくい状況からスタートすることになります。
また、証拠をおさえるためにもカメラ等の調査機材もないので購入しないといけません。たった一度の浮気調査のために調査機材を購入するのも・・・と、思いませんか?
自分で調査をするのと、探偵事務所へ依頼するのと、どちらが結局、自分にとっていいのか?比較してみてください。

自分でできる素行調査の方法

素行調査は、探偵が最も得意とする調査の一つです。
依頼を受けて調査対象者の身辺に張り付き普段の行動に目を光らせ、ある時は関係者に聞き込みを行う、そんなテクニックを用いてプロの探偵は身辺の調査を行っています。
プロの探偵は素行調査を一人で行うようなことはしません。
尾行や張り込みを一人で行うことは不可能ですし、限られた調査期限内にできるだけ有力な情報を収集するためには、ある程度人を集めて人海戦術をとるのが効果的です。
婚約者や従業員など深く関わりのある人物のことを知りたいときはプロの探偵に素行調査を依頼するのが確実ですが、プロに頼めばいい仕事が期待できる分、費用もそれなりにかかってしまいます。
もしあなたがパートナーの浮気や同僚の不審な行動に疑いを抱いたら、プロの探偵に素行調査を依頼する前に少し調査してみるという方法もあります。
素行調査を自分でする事なんて可能なの?と思うかもしれません。確かにプロの探偵のような素行調査を行うのは不可能です。
しかし、素行調査のポイントさえ押さえておけば、素人でもそれなりの調査をすることは可能です。

身近にいるからこそプロには不可能な調査をすることも可能ですから、まずは自分でそれとなく行ってみるのがいいでしょう。

今日からできる持ち物チェック

素人が浮気調査を行う前に真っ先に手を付けたいのが、持ち物の調査です。
よほど警戒している人でもない限り、何か素行に問題があれば必ず証拠となる品物を持っているはずです。
持ち物の調査は素行調査を行う上で大変有効ですが、仮に本人の許可を得ずに持ち物調査などをすれば警察沙汰になってしまいます。
調査対象者の身近にいる人だからこそ、本人に気付かれずにこっそり持ち物をチェックすることができるのです。
素行調査目的で持ち物の調査を行う場合、重要になるのが普段の行動を知ることができる証拠です。
領収書やレシート、車の駐車券、携帯電話の通話記録、電子マネーの使用履歴、IC乗車券の使用履歴、クレジットカードの明細など、普段の行動が推測できる証拠はたくさんあります。
特に最近は決済の電子化が進んでいるので、本人さえ意識していないような記録から普段の素行を知ることも可能です。
スマートフォンに直接触れる立場にあるなら、GPSで位置情報を確認できるアプリをこっそりとインストールしておくのも効果的です。
調査対象者がスマートフォンに詳しくなければ、新しいアプリをインストールしても気づかれずにすむでしょう。
世界中のどこにいても本人の現在地が確認できますから、予定外の場所に言っているのが確実な時に現場に急行して素行を直接確認することが可能です。

素行調査において、必要な機材

カメラの購入

まずは何て言おうと、ビデオカメラの購入をしないといけません。
スマートフォンのカメラでは、ズームが弱い、夜に弱い等証拠収集ではかなりオススメできません。
ビデオカメラと言ってもピンからキリまであるのですが、よく分からないメーカーのものを使うわけにはいきません。
画質、撮影時間、夜間への撮影などの配慮も考え、そこそこいいものの購入を考えましょう。
探偵事務所で使うカメラは全てを考慮して購入してあります。
あるメーカーのカメラの商品になりますが、大体10~20万円のものがあるようです。
これはビデオカメラのみで撮影可能な、家電量販店等に売ってあるものです。
また、夜間の浮気の現場をおさえるために夜間用のカメラの購入も必要です。
こういったものはカメラの本体だけ(レンズ等は別売り)になりますので、5~10万円程で済むでしょう。

カメラ以外の付属品の購入

ビデオカメラを購入!早速、調査に行こう!とはいきません。
ビデオカメラの場合、付属品の電池だけでは撮影時間が短いので大容量の電池を購入しないといけません。
これを2つ3つ程はもっておきたいですので、これで2万3万とかかってきます。また、夜間用のカメラは上で書いたとおり本体だけですのでレンズも購入しないといけません。レンズもまたピンからキリまであるのですが、大体10万円ほどはみていたほうがいいでしょう。
更に、録画レコーダーも購入しないといけませんので、これもまた10万円くらいします。
探偵事務所に依頼せずに、自分でやろうと思っても意外とお金がかかってくるなと分かってきたと思います。

自分で素行調査した際のリスク・アクシデント

尾行やカメラがバレる

慣れない行動をしているため怪しまれやすいです。
さらには気分が高潮しているため冷静な行動が行えず、対象者に尾行していることがバレやすくなります。

歩き方や癖

対象者の浮気現場を記録するために、自分で尾行をする方は少くなくありませんが、それはあまり賢明とはいえません。
例えバレないように、歩き方や癖などを変装して変えたとしても、顔をよく知る相手なので、全く気付かれずに後をつけるのは難しいです。また、見失ってしまう可能性も高くなります。
対象者に、少しでも怪しいと感づかれてしまえば、対象者は警戒してしまい、その後の素行調査自体も難航する原因となります。

技術不足による失敗

例えば、対象者が浮気相手とデートをしていたり、密会の現場を写真で撮影できれば、かなり強い証拠にはなります。
しかし、この瞬間に技術不足による失敗が起きやすくなります。
携帯のシャッター音やフラッシュで素行調査をしていることを気づかれる可能性です。
また、隠れつつ移動しながら動画などを撮る場合でも、対象者や浮気相手を綺麗に映せない可能性も高くなるといった危険もあります。

事故につながる可能性

車での素行調査は探偵などのプロでないと難しいです。
対象者の車にGPSを設置しても、それを見ながら追跡するとしても事故を起こす可能性も高くなります。

自分での調査は限界がある

素行調査を自分でやるのには限界があります。
当然、素人の人がやるのとプロがやるのでは結果は違ってくるのは明白でしょう。
自分でやるのには道具も知識もノウハウもないのは当たり前です。
しかし、1番パートナーのことを知っているのは事実です。
いつものパートナーと違うという感覚は間違っていないと思います。
ただ、自分ですべてを解決しようとして出来なかった時の精神的な痛みを想像してみてください。もし、浮気を疑って自分で調査をしているのがバレてしまったら何も残りません。
得意なところは得意な人に任せた方がいいのです。
探偵事務所は浮気調査のプロですが、あなたの旦那のことに関してあなたより知っているはずがありません。
しかし、今までの経験上、いつ浮気をしそうかを割り出したり、さらにはこの日に浮気をするような罠をはったりします。
あなたが1番持っている旦那の情報とプロの素行調査力があれば、高確率で浮気しているかどうかを調べることは可能です。
自分自身で素行調査をやってみて精神的な痛みを負うよりは、情報だけ渡してプロの探偵事務所にお願いした方が、成功率も上がりますし、何より心が保たれます。
カウンセラーのいる探偵事務所であれば、あなたの相談にも無料で乗ってくれますし、精神的に安定した状態で浮気調査をしてもらうことができます。
自分で出来そうなことはやってもいいかもしれませんが、1%でも探偵事務所に相談してみようと考えているなら自分でやるべきではありません。
いくらプロでも警戒されている状態で素行調査をやるのと、そうでないのとでは結果が変わってきます。
自分でやるのであれば、まずは探偵事務所の無料相談に行って、相談に乗ってもらいながら自分で素行調査が出来るのかなどを相談に乗ってもらった方がいいでしょう。
浮気を疑っている時には心に余裕はないことは分かっています。ですが、一度立ち止まって、こういう時こそ冷静に考えてみてから行動を取った方が結果的にはあなたのためになることは間違いありません。

自分で尾行するのは法的にグレーゾーン

探偵は探偵業法によって仕事で尾行・張り込みすることが認められていますが、探偵以外の人(警察などは除く)は認められているわけではありません。
尾行自体は直ちに違法となるものではないですが、一歩間違えば「つきまとい」等のストーカー規制法違反や迷惑防止条例違反という犯罪となります。

まとめ

自分でできる範囲で浮気調査をやってみたが、「簡単ではなかった」、「バレるのが怖くて限界を感じた」、「こんなことは何度も出来ない」というような声が聞かれます。
浮気調査は本来プロの仕事なわけですから、基本的な技術や経験がない人がやると様々な壁にぶつかると思います。それでも無理に進めてしまうことで、「結局肝心な場面での撮影ができず、証拠を取ることができなかった」、「こんなことを何度も繰り返すのは難しい」、「自分で浮気調査しているのがバレた」という最悪の結果を招くことがあります。
自分で浮気調査するリスクについてもしっかり理解した上で調査を進める必要があります。

<自分でできる浮気調査のリスク>

  • 結局、証拠が取れなかった
  • うまく映っておらず調査が無駄に終わった
  • 自分でやった調査がバレてしまった
  • バレたため相手が用心深くなった
  • 2回目以降の調査が難しくなった
  • 夫婦関係が悪化してしまった
  • リスクがある事にやった後に気づいた
[/su_list]

自分である程度まで浮気調査をやってみたが、浮気現場の写真や映像の撮影がうまくできずに、決定的な浮気の証拠を取ることができなかった。
自分でやってみて、尾行、張り込みをするのは難しいと感じた。
これ以上は自分では限界があるため、専門家に証拠を取ってほしい。
という場合には、専門家に浮気調査を依頼するのが最も確実な方法となります。

ラブル探偵事務所では、専門家が行うリスクの伴わない浮気調査の進め方、信頼性、調査力、調査体制、料金、サポート体制など詳しくご説明しています。
自身にとってふさわしい調査の内容、依頼の仕方、依頼手続きの進め方などポイントを抑えれば、費用も安く、短期間で調査が成功します。

ー 調査カテゴリ ー

無料相談
(匿名OK・秘密厳守)





24時間受付/年中無休




一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 知人・素人の調査は違法?探偵に依頼すべき理由
  2. 探偵の調査は現在のことだけに限らず、過去も調査できるのか?
PAGE TOP